どのような種類があるのか

ゲームする人

これからゲームクリエイターを目指す場合には、必ず資格がなければなれないわけではありませんが、資格があったほうが有利に就職できるのは間違いありません。会社によっては、就職してから資格を取ることができるところもありますので、その会社次第で資格が必要かどうかが変わってくるでしょう。もし事前に取得しておくとすれば、その種類を知っておく必要があります。種類だけでもかなりたくさんあるものの、代表的なものをいくつか挙げるとすればCGクリエイター検定やCGエンジニア検定、マルチメディア検定になります。CG等は、現代のゲーム作りには必須のものといえますのでその辺の資格を取得しておくと良いでしょう。それ以外にも、Javaなどが使えると高く評価されることがあります。

取得は果たして難しいのか

ゲーム機

ゲームクリエイターを目指す時、資格を必要としている場合どれぐらいの勉強をしたら良いのかが気になるところです。一般的に難しいものならば、じっくり時間をかけて計画的に行わなければいけません。しかし、そこまで難しくないものならば、1ヵ月から3ヶ月程度勉強すれば合格することも十分考えられます。このように考えれば、まずはその近くの難易度を実際に確認しておくことが大事になることが理解できるはずです。基本的には、国家試験等はありません。そのためには、難易度が高いものはそれほどないでしょう。大抵の場合、パソコンを使って1ヵ月から3ヶ月ほど勉強すれば合格する可能性が高くなります。合格率も資格の種類によってまちまちですが、 50%を超えるようなものが多い傾向にあります。つまり、2回受験すれば1回は受かるレベルのものが多いと言うことです。

給料に影響があることも

ゲーム機

これからゲームクリエイターを目指すならば、近くを取得することにより給料が変わってくる可能性があります。全く資格を取得していない状態と比べれば、何か1つでも持っていればそれだけで担当する仕事が増えると言って良いでしょう。結果的に、給料が増える可能性があります。ではどのような資格を取得しておけば給料が増えるでしょうか。その一つは、Javaプログラミング能力認定試験になります。この試験を通過すれば、それなりに給料が上がる可能性が高いでしょう。もちろん、これにはしっかりとした理由があります。それはあまりこの資格を取得しているゲームクリエイターがいないからです。それと同時に、ゲームを作るときに必要な能力の1つになるでしょう。このように考えれば、相手人があまり取らなくて少し難しいものを取得しておくことが重要になります。当然それを取るためには多少お金はかかりますが、将来的には大いに役に立つでしょう。

広告募集中